はじまり

佐渡。

 
島の中心近くの三瀬川。
田んぼと川と畑にかこまれた家。
江戸後期に建てられたとのこと。
約200歳くらいでしょうか。

名前は「與左兵衞(よさべえ)」さんといいます。
屋号です。
200歳ともなるとくたびれるところがあちらこちらに出てきます。

しかし、よく見ると家の構造自体はびくともせず、一切傾かずにたたずんでいます。

ハウスメーカーの家の寿命は30〜40年。

「200年そこに建ちつづけるとはいったい何事だろうか。」

「200年でこの勢いならば300年目も余裕なのでは??」

この疑問からはじまりました。
200年目の再スタート。